参院選17日間を写真で振り返る

7月4日(木)に参議院通常選挙の火蓋が切られました。全国でも屈指の激戦注目区になった広島県。
まだ40代で政治家デビューした三原市長選挙以来の苦しい選挙でした。

あれから30年。
体力の衰えを感じた事は事実ですが、まだまだやれる!という自信に繋がりました。
そしてもう一つ改めて感じたのは、選挙は善意で成り立つということです。
苦しい時にこそ、人の善意がありがたく、身にしみます。
この苦しい選挙に関わってくださったすべての皆様に、心からの御礼を申し上げたいです。
選挙活動ができるのもあと5時間ほど。最後の最後まで手は抜きません、誠実をモットーに少しでも多くの有権者に訴えます。

えいえいオー!
疲れていても笑顔は忘れず!
安倍総理の来援
北部のカープ女子達に会えました
しっかり日に焼けました
総理と握手
総理来援ではこの人の波
金座街での演説会で
湯崎知事には出陣式、決起大会、ほとんど出席頂きました
選挙カーで伺うと飛んできてくださる方も
黒くなる前の私
黒くなった私
お仕事中にも関わらずの歓迎
とりあえず満腹
お昼は選挙カーの仲間達と一緒に
しっかり日に焼けました
選挙中は窓を開けっぱなしでの走行
ウグイスさん!
安倍総理が来援してくださいました
今年の選挙戦は雨が少なく
左利きです
広島県をくまなくお邪魔しました
オリンピアンの女子アスリート三人
橋本先生と私は新旧の参院自民党議員会長です
金座街での安倍総理来援
昼食は貴重な息抜き
選挙カーの先導車は地域毎の担当
雨降りの選挙活動は大変です
広島県を走破です
心を込めた握手を心がけました
街頭演説後に岸田会長と握手会
広島市内での演説
安倍総理の来援
小林議員と雨ニモマケズ
走れ!走れ!
安倍総理来援