9月11日(火)に、広島市内において、

『安倍晋三を激励する広島大会』が行われました。

広島県選出の国会議員は、宏池会岸田文雄会長のお膝元ということもあり、宮沢洋一広島県連会長をはじめ、溝手顕正参院議員、寺田稔衆院議員、小林史明衆院議員、小島敏文衆院議員など岸田派所属議員が多数選出されています。

この度の自民党総裁選挙では、岸田派は安倍晋三総裁支持で結束しており、岸田会長を中心に支援集会が開催されました。

前日の『溝手顕正君の政治生活30年を祝う会』に引き続き、橋本聖子参議院自民党議員会長(合同選対本部長)をお迎えしました。

岸田文雄会長は、「わが国を取り巻く安全保障環境や経済情勢を考えた時、今は安倍首相に頑張ってもらわなければいけない」と、安倍晋三候補の支援を訴え、溝手顕正議員もこれに続いてのスピーチとなりました。

2018年自民党総裁選挙は、9月20日開票です。